スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸綺伝第四回(一)

【第四回 趙員外、魯達を文珠院に出家させ 魯智深、五台山にておおいに暴れる】

 (一)

 「さあ、張さん、こちらへどうぞ。お懐かしいですなあ」
 「な、何をするんだ爺さん、俺は張なんて名じゃ………」
 己の半分ほどの大きさしかない痩せた老人にしては随分と強い力で手を引かれ、魯達は人気のない路地裏に連れ込まれる。
 さすがにむっとして文句を連ねようと、ぎろりと顔をあげれば、そこには。
 「あんた……金のおやじさんじゃないか!」
 魯達を張と呼んだ老人の柔和な顔は、まさしく魯達が手配書を出される所以となったあの鄭にいじめられていた金の父親であった。
 「恩人様、いかにも、先日あなた様にお救い頂いた金でございますよ。まったく、忘れもしないご尊顔をお見かけした気がして追いかけて来れば、恩人様ときたら、ご自分の手配書をしげしげ眺めていらっしゃる。もし私が気づかなければと思えば、肝も冷えましたよ。あんなにはっきり、あなた様のお名前や姿かたちが書いているのですから」
 思いも寄らぬ再会に、魯達は己が間一髪で危機をやり過ごしたことも忘れて、大きな口をあけて笑いながら金老人の背を叩いた。
 「ハハ、俺は字が読めんからな。それに、例え周りの奴らが気付こうが、誰も俺を恐れて手など出して来るまいよ。だが、まさかここでまた会うとは思わなかった。あんたも手配書を見たなら知ってるだろう。あんたたち親子を逃がした日、俺は肉屋の鄭をこらしめに行ったんだが、仕置きのつもりで二、三発殴りつけたらうっかり殺してしまってな……それで逃げているうちに、この街まで流れついたというわけだ。あんたはここで何をしているんだ? 東京に行ったはずだと思っていたが……それに、娘さんは元気か?」
 「恩人様、実は我々親子、あなた様に救っていただいたあの日、最初は東京へと向かうつもりでおりました。ですが、我々が東京に縁があることを鎮関西は知っていましたから、あなた様もおられない道すがら、追っ手をやられては大変と、東京へは向かわず北を目指したのでございます」
 人目を避けるように入り組んだ細い路地へと入っていく金老人に従い、魯達も藍色の瓦がひしめき合う小路の合間を歩き出した。表通りの喧騒が徐々に遠のき、渭州とは趣の違う、どこか素朴かつ品の良い家々が姿を現す。
 「そうしたら、道中、東京での古なじみに出会いましてね。その男に連れられて、娘ともどもこの雁門までやってきたというわけなのです。おまけにその男はよく我らの面倒を見てくれて……なんと翠蓮を、この雁門でも指折りのお金持ち、趙員外様の妾にと引き合わせてくれたんですよ」
 「なんと、翠蓮は結婚したのか!」
 青白い顔で涙を流していたくせに、気丈に笑ってみせたあの娘が結婚とは。
 「ええ、ええ。趙員外さまはお金持ちなだけでなく、とてもお優しく義の心を持ったお方。翠蓮のことも、大切にしてくださっていますよ。それに槍棒もたしなまれますから、我々からあなた様の話を聞くたび、会ってみたい、話してみたい、どうすればお目にかかれるのか、とおっしゃるほどでして」
 いつの間にか路地は終わり、少し開けた場所に出た。大きな通りの向こう側には背の高い門扉がどしりと構えており、わずかに開いた隙間から、小ぶりだが瀟洒な屋敷が覗いている。
 「恩人様、何はともあれ、まずはゆっくり休んで、それからこの先のことを考えましょう。ここは、我ら親子の今の家です。ここなら人目にも尽きませんし……さあ、どうぞ」
 金老人が門扉を開け放つと、ふと、親しみのない香が鼻を掠めた。いかにも女が好みそうな甘い香りのもとを辿るように、門の内側に広がる庭を見渡せば、青い空によく映える橙色の花を咲かせ、まろみを帯びた木が一列に並んでいる。
 「おおい、翠蓮や。誰が一緒にいらしたと思う? お前の生き神様がおいでなすったよ、降りてきなさい」
 ぎょろりとした目で物珍し気にあたりを見回す魯達をよそに、金老人が弾んだ声で娘の名を呼ぶ。屋敷の前で立ち働いていた女中たちは、ぎょっとした面持ちで主の連れてきた髭もじゃの客人を見ていたが、おそらく己の姿かたちを主に聞いていたのだろう。生き神、という言葉に納得したような顔を浮かべると、控えめに魯達に向かって会釈した。
 「翠蓮、何をしてる、はやく降りてきなさい」
 「……お父さん、何をそんなに大きな声で叫んでいるの?」
 浮足立ったような父の声に対し、屋敷の中から聞こえた娘の声は、戸惑いをのせて穏やかであった。
 「お客様がいらっしゃったの……?」
 屋敷の二階の扉が、ゆるりと開く。
 「あ」
 父の声を追ってこちらを見下ろした娘の姿は、魯達の覚えていたものよりもずっと、健康的であった。
 きちりと結い上げられた黒髪を飾る見事な黄金の簪は、秋の陽光を映して柔らかくきらめいている。細い体に纏う淡い橙の着物と薄紅の帯は、素人目にも大層な品とわかる光沢を秘めて、娘のしなやかな体を柔らかく包み込む。肌は相も変わらず雪のように白くはあったが、ふっくらとした頬が桃色に色づいているおかげで、消えゆきそうな不穏な影はもはやない。柳の如き眉をあげ、瞳と口をまんまるに開いて絶句する様子は、出会った頃にはなかった色香をも霞ませる幼さを含んでいて、思わず魯達は腹を揺らして笑った。
 「なんだ翠蓮、幽霊でも見たような顔をして。俺の顔を忘れたか?」
 「いえ……いいえ……忘れるわけがございません……!」
 ゆったりと流れる着物の裾をたくしあげ、元気な童のように階段をかけおりてきた翠蓮は、息を整える間もなく魯達の足元に這いつくばり、深々と拝礼をし始めた。
 「恩人様……まさかまたお会いできるなんてっ……」
 「お、おい、やめないか。せっかくの上等な着物が汚れるだろう!」
 あわてて小枝のような腕を引っ掴んで立たせれば、せっかく化粧をした顔に、ぽろぽろと涙がこぼれている。
 「ふん、さては俺の言ったことを忘れたな? 今度べそべそ泣いているところを見つけたら、仕置きをすると言っただろう」
 「あ……」
 別れ際に交わした小さな約束を思い出したか、翠蓮は華奢な手で慌てて涙をぬぐい取り、気恥ずかし気に俯きながら微笑んだ。
 「もう、二度と会えぬと思っておりましたから……嬉しくて」
 「俺もまさか、こんな北の街でお前たちと会おうとは思わなかった。それに、お前の様子にも驚いたぞ。見違えるほどに綺麗になったではないか。幸せになったんだな」
 何故かますます顔を伏せる翠蓮が、また激しく礼をし出すのではないかと魯達がどきりとしていると、金老人が小間使いを呼び寄せ魯達の荷物を持たせた。
 「さあ、恩人様。こんなところで立ち話をしていないで、おあがりになって下さい」
 「あ、いや、かまわんでくれ。長居するつもりはないんだ」
 「いえいえ、遠慮はご無用。魯提轄様の御恩は、こんなことでは返しきれないのですから……。さ、翠蓮、恩人様を二階にご案内してさしあげなさい。私は飯の用意をしてきます」
 いくら気の向くままに生きてきた魯達と言えど、己の首に賞金がかかった今となっては、この親子のもとに留まれば必ず迷惑をかけることくらいはわかっていた。だが、何度そう言っても金老人は頑なに泊まって行けと懇願し、しまいにはまた翠蓮が泣き出しそうな顔をするものだから、これ以上断るのも礼を失するであろうと、魯達は翠蓮に案内されて屋敷の客間へと落ち着いたのであった。
 「しかしまあ、なんとも立派な屋敷だ。趙員外殿とやらは、ひとかどの人物なのだな」
 貧しい生まれの魯達には、勧められた椅子や茶の置かれた卓に使われている光り輝くような木の名前など分かりはしなかったが、仄かに漂う品の良い香りと座り心地から、よほどの高級な品であろうことは想像がついた。
 部屋のあちこちにちりばめられた調度品の数々も、翠蓮の人となりに合わせたかのように慎ましやかで可憐な意匠のものが多いが、おそらくひとつひとつをよく見れば、魯達が一生真面目に勤め上げても手の届かぬような豪奢な品なのだろう。
 「こんな立派なお屋敷で暮らせることになったのも、恩人様のおかげでございます」
 もう何度聞いたか分からぬ感謝の言葉とともに翠蓮が淹れた茶を一口飲み、ふと、窓の外に目を向ける。
 「翠蓮よ、そういえば、あの樹はいったい何という樹だ? 渭州でも、ここに来る道中でも、あんな色の花を咲かせる樹なんぞ見たことがなかった。それに、何やら香のような匂いがする」
 「あれは……丹桂という樹なのだそうです。本当は、もっと南の方に育つ樹なのですが、旦那様がお庭を趣味にされていて、取り寄せたのです。そして、私に似合うからと、ご自分のお屋敷から分けてくださって……秋になると、ああして橙の花が咲き、甘い香りをさせるのだそうです」
 なるほど、秋の夕日に照らされる橙の淡い花は、翠蓮によく似合う。そういえば、着物の色も、あの丹桂だかという花の色に似ていた。
 「この着物も、旦那様に仕立てていただきました」
 魯達の視線に気が付いたのか、翠蓮が着物の袖をつまんで見せる。
 「この、袖のところ……母の形見を端切れに使っていただいたんです。そのままだとどうしても、見栄えがよくなかったから」
 「どうりで、なにかその色に見覚えがあると思った。あの時お前が大事そうに抱えてた着物だったんだな」
 魯達が覚えていたことに驚いたのだろう、翠蓮は目をぱちくりさせ、そして、さも幸せでたまらないというように、笑った。
 「ハハ、趙員外は、お前のことを大切にしているようだ。この幸せ者め」
 頼りなく、不安げで、儚く消えそうだった娘が今こうして花のような笑顔を浮かべているのを見ると、何やら妹か娘の幸せを喜んでいるような心地になる。
 「……恩人様も、花がお好きなのですか?」
 「俺が草木を愛でるような男に見えるか? さっぱりわからんから、こうしてお前に聞いたのだ。ああ、だが」
 ひっそりと卓の済に置かれた花瓶から零れる、小さな薄紅の花を指さす。
 「この、秋海棠だけは知っているぞ。死んだ両親が育てていてな、酷い襤褸の家だったが、この花だけは毎年ちゃんと咲いたものだ。なかなか見応えがあったんで、それが珍しかったのか、俺の刺青を彫った同郷の爺さんは、牡丹のほかにこの秋海棠を、ほら、こうやって」
 「恩人様、飯の支度ができましたぞ!」
 自慢の刺青をまさに今披露してやろうとした矢先、金老人が、食べきれぬほどの料理と酒を小間使いたちに運ばせて客間に戻ってきた。
 「おお、待ちくたびれたぞ! 酒はあるんだろうな」
 「もちろんでございますとも。趙員外さまより賜った上酒をお持ちしました……これ、翠蓮、何をそっぽを向いておる?」
 胡乱気な父の視線の先で、翠蓮はと言えば、薄紅のさした頬をそらして俯いている。
 「ほら、料理が来たのだから、お前も並べるのを手伝いなさい」
 「……はい」
 伏し目がちのまま立ち上がり、どこか困ったような薄い笑みを浮かべて魯達の前に皿を並べていく様は、何か卓上のに飾られた小さな花に似ているな、と魯達はひとり、おかしみを覚えた。
 大人しいのかと思えば毅然としていたり、静かに笑っていたかと思えば子供のように目を丸くしたり、どうにも若い娘の気分は己のような男には難解だ。それでも、ひとまず泣いてさえいなければ、魯達はそれでいいのだが。
 「恩人様、今一度、拝礼をお受けくだされ」
 「や、おやじ、そこまでせんでくれ。こちらが困るのだ」
 そうこうしているうちに、山と料理を並べ終えた金老人が、魯達の足元に這いつくばって礼を始める。まったく親子そろって、律儀なことだ。
 「いいえ、お聞きくだされ。こちらへ腰を落ち着けて以来、私ども父娘はあなた様を生き神様としてまつるため、紅位牌をつくり、毎朝毎晩、香を焚いては拝んでまいったのです。今日は、そのあなた様ご本人とこうして会えたのです、どうして拝まずにいられましょう」
 「そこまでされては、悪い気はせんな。思いもかけず殺しの罪を犯してしまったとはいえ、元はあの鄭の豚野郎がお前たち父娘に仁義もなくひどい仕打ちをしていたのが悪いのだ。俺は悪を見過ごせぬ性分、それがたまたまこうなったまでのことよ。さあ、明日のことはまたあとで考えるとして、あんたたちも一緒に、酒を飲んでくれ」
 魯達はなおもひれ伏す金老人を半ば強引に隣に座らせ、翠蓮もともに盃を交えながら、あの日の出来事や、互いに会わぬ間の四方山話に花を咲かせた。たった一人、見知らぬ土地を逃げ続けてきたこの半月で飢え渇いていた身体はすっかり潤い、久方ぶりに人目を気にせず気持ちのいい酒を飲んだ心は高揚する。まるであの日、史進や李忠と酒を酌み交わしたときのような――
 「やい、出てこい、恥知らずめ!」
 「何、もう追っ手が来たか?!」
 ささやかな感激に浸っていた魯達の耳に、階下で己を罵る男たちの声が、潮のように押し寄せた。


第三回(六)へ || (二)へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。